知ってますか?HIV 感染の症状

発症の時期は長い

コンドームを使用してHIV 感染を予防しましょう、とは聞くけれど、すでに感染してしまっていればどんな症状が出るのでしょうか。

また、放置すればどうなってしまうのでしょうか まずHIVとは、ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficeincy Virus)と言います。放っておくと、数年~十数年でエイズ(Acquired ImmunoDeficiency Syndrome)を発症します。

人間の免疫系を破壊してしまうので、健康であれば影響しないような病気にかかってしまうようになります。エイズ発症前に気付くことができれば、抗HIV治療を行い、発症をできる限り抑えることができるようになってきています。

自覚症状がないのも問題

感染すると、2週間程度でカゼのような症状が出ます。発熱やのどの腫れなどです。 しかし数週間で消えてしまい、その後は自覚症状がありません。 そこから数年~十数年の潜伏期間に入ります。

潜伏期間中は身体の中でウイルスが変異し続けていますが、免疫系がその都度抗体を作って対応しているので、症状が出ないのです。 やがて免疫系がHIV変異に反応し切れなくなり、エイズを発症します。 症状としては肺炎や脳症、腫瘍など多岐に渡りますが、さらにそれを併発してゆきます。

もし不安に思うことがあれば、パートナーと一緒に最寄りの保健所で検査を受けましょう。そして、しっかりとした知識を持ち予防しましょう。フェラチオでもHIV 感染の危険があることをよく覚えておきましょう 。