オーラルセックスはHIV 感染します。

オーラルセックスとはオーラルセックスとは?

HIV やエイズについて、学生の時に教育を受けたことがあるかと思います。もしくは、エイズを発症すると色々な病気を併発して亡くなってしまうということもご存知かもしれません。

ただ具体的にどういう状況で、エイズウイルスであるHIVに関係するのかは、意外と知られていません。 特にオーラルセックスとHIV との関係は、見過ごされがちです。

オーラルセックスとは、主にフェラチオやクンニのことを言います。口を使って相手の性器を刺激する行為のことです。 実はこのオーラルセックス、危険が高い行為なのです。

アナルは危険?

そもそも感染は、精液や愛液と血液、出血部との接触によって起こります。ウイルスが血管内に侵入してしまうためです オーラルセックスでは、口腔内の粘膜や性器に細かい傷をつけてしまうことがあります。

これによって、ウイルスが血管内に入りやすくなり、感染してしまうのです。 予防で最も効果的なのはコンドームです。オーラルセックスにおいても、できるだけコンドームを使用しましょう。

実際に膣やアナルに挿入しなくても、危険があるということを理解して行動しましょう。 不安があれば、お近くの保健所で検査を行っています。日本では年間10万件以上も検査をしています。 パートナーと一緒に安全なセックスをしていきたいですね。