コンドームは一番のHIV 感染予防方法です

コンドームの効果は?

日本では1日あたり3~4人がHIVに感染しています。しかも新たに報告される数は増え続けています。コンドームは、予防するのに最も効果的な方法です。

もともと弱いウイルスですが、性行為時に血液や精液に直接接触することで力が高まります。そこで、コンドームを使用することで、膣内はもとより直腸や口腔内を守るのです。

実はフェラチオは危険性があります。口腔内を傷つけることがあるので、フェラチオでも使用を強くおすすめします。

正しい使い方

発展途上国でもコンドームの正しい使用が呼びかけられることにより、世界的にはHIVの新たな患者数は減ってきています。2001年に比べて、2012年では7割程度になりました。

しかし日本ではまだおさまりつつあるとは言えません。性習慣の変化や同性同士の性行為の変遷が原因かもしれませんが、予防にはやはり最も有効な手段です。 コンドームは避妊のための道具ではありますが、予防に非常に効果を発揮します。

ただし、避妊のための物全てが予防に効果があるわけではなく、ピルは感染に対しては無力です。ピルを服用しているからといって、防げないのです。 安全なセックスのために、コンドームを正しく使いましょう。