キスは大丈夫か?

軽いキスは・・。

映画や小説で、HIVをテーマにしたものがありますね。 それを見ていて、キスでも感染してしまうのか、ふと疑問に思いました。実際のところ、どういったキスなら可能性があるのでしょうか。

なんだか恐い、一回なってしまうと治らないというイメージがあります。でも具体的に何をすると良くないのでしょうか。

キスでも駄目なら、じゃあハブラシやタオルを一緒に使ったり、便座でも危険では……。

調べてみると、かなり限定的な状況でしか感染しないことがわかりました。むやみに怖がることはありません、普段の生活では気にすることはないようです。

ディープキスは危険!?

HIV 感染は、血液や精液が触れ合うことで起こります。特に出血がなければ、キスをしてもほぼ大丈夫です。ただし、激しいディープキスでお互いの口腔内に傷をつけるようなことは気をつけましょう。

またハブラシも出血の可能性があるので、共用は避けたほうが良さそうです。もともと、風邪のウイルスなどに比べて格段に弱いウイルスです。空気や水があったり、蚊や猫といったヒト以外の生き物が媒介をすると、HIVは生きていられないのです。

日常的な生活ではあまり気にする必要はないようですね。軽いキス程度なら、まず大丈夫でしょう。もちろんそこからセックスに発展する場合は気をつけましょうね