風俗は感染を覚悟して・・

風俗はリスクが高い!?

風俗に行く習慣がある人は、どうしても性感染症のリスクが高くなります。もちろん風俗に行かない人も、今のパートナーがお互いに初めてという場合以外は、もう不特定多数と危険性を共有しています。

前の相手、さらに前の相手、その相手の相手、……という具合に、網はどこまでも広がって考えられるのです。とは言え、やはり風俗や出会い系を利用する場合は、一般に比べてHIVのリスクは高いです。

国連の報告によると、女性のセックスワーカーの可能性は他の女性に比べて13.5倍となっています。客である男性から、また他の客に広がるる可能性が高くなっています。

本番行為をしなければ大丈夫!?

風俗では本番行為をしなければ良いのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。 HIV 感染は、オーラルセックスでも起こり得ます。もちろん中だしや外だしもですが、アナルセックスも危険が高いものです。

ウイルスは、精液や血液を通して相手の血管に入り込むことでHIV感染します。つまり、傷をつけたり出血があったり組織がもろいと、危険信号なのです。

少しでもおかしいな、と感じた場合は保健所に相談に行きましょう。日本全国で年間15万件の相談があり、10万件のHIV検査を行っています。

風俗へ行っても必ずコンドームを使用し、リスクを高めないようにしましょう。